2020年のニュースアーカイブ(8件)(1/1 ページ)

公式WIP、日本語訳完成

MAMEの公式ページでは1999年2月から2004年の7月まで、管理人のGridle氏(Santeri Saarimaa氏)が毎日の開発状況をWIP(Work In Progress)ページにまとめていました

うちのページでも以前はそれを訳すのがメインコンテンツのひとつだったのですが、今回サイトを整理していて1999年2月から9月分が未翻訳だったことがわかりましたので、今日までに残り分を全部翻訳しました。この時期は MAME の開発が最も盛んなころで、有名なゲームやシステム、音源などが次々と対応、改良されていった時期でした。改めて、見直してみるとなかなかおもしろいかもしれません。

WIP日本語版 1999年2月

Retrofire クラウドファイル更新追加 (Build 260)

先日の更新に加え、history.dat と mameinfo.dat ファイルのクラウド更新機能をテスト追加しました。これにより、コマンドファイル以外はクラウドから更新できるようになっています。あとは本体の更新をどう通知するかと、ユーザ側で更新しないファイルを指定する機能が必要ですが後で考えます。

現在自動更新できるのは以下のファイルです

  • mame32j.lst - 日本語のゲーム名とよみがな
  • version.ini - バージョンごとにサポートされたタイトル(zip名)の一覧
  • history.dat - 各ゲームの情報のエントリ。古いものは AGDB さんの解説付き
  • mameinfo.dat - MAMETesters のバグレポートをうちで訳して再編集したもの

ダウンロードページより取得可能です。

サイトを CMS 化しました!

当サイトもオープンから20年をすぎましたが、しばらくの作業を経て無事 WordPress 化いたしました。全文検索機能の追加、コンテンツの整理、スマホ対応など少し今風になったと思います。

MAME の更新が最も熱かった 90年代後半から2000年代初旬の情報量はあらためてみると、すごいものがあったと感慨深いものがあります。当時の参考にしていたサイトは残念ながら多くが閉鎖されたり、消えてしまっているので、特に興味深いものについては Internet Archive のリンクに置き換えてあります。 このリンク例のようにマークがついているものは、当時のサイトを見ることができます。

掲示板は各記事でオープンしている場合はそちらにコメントが追加できます。その他、常設のものもテストで用意してますので、質問や連絡等にご利用ください。

運用していくうちに不具合などが見つかるかもしれませんが、 よろしくおねがいいたします。

E2J 歴代のデザイン

懐かしい昔のデザインギャラリーです(サイドバーのSSIが崩れています)。オレンジ好きなんですかね。

Retrofire クラウド更新機能テスト中

Retrofire ランチャーソフトで、クラウドから情報ファイルを更新する機能を追加テスト中です。今のところ、日本語ゲーム名ファイルの mame32j.lst とバージョン情報ファイル version.ini に対応しています。

これがうまくいったら、リリースのたびに毎回本体をダウンロードしなくても済むようになるかもしれません。
不具合や気になった点などありましたら、掲示板にお知らせいただけるとたかります。

ダウンロード

MAME 0.219出た

オフィシャルMAME0.219がリリースされています。というわけで今度こそ。e2jは20周年です。これもひとえに皆様のおかげです。ありがとうございます。結局サイトの WordPress 化は間に合わず。。。

What's New-J

MAME 0.218出た

「ゲームマシン」アーカイブ 1993年と1994年追加

アミューズメント通信社さんが「ゲームマシン」の1993年と1994年度のアーカイブを公開されています。

 ゲームマシンアーカイブ