MAMEDevサイトリニューアル

アナウンスにあったとおり、オフィシャルサイトがとてもかっちょよくリニューアルされています。拙作なヒストリーグラフも更新しました(Wikipediaでも利用可能です)。

Fujix explicitly allows free use of the MAME development history chart in Wikipedia.

mamedev.org

前の記事
次の記事